シアリスジェネリックの個人輸入はカンタン手軽!

日本には3人に1人の割合でED患者が居ると言われています。そして患者数はどんどん増えていて、そこには20代の若年層も含まれています。

病院で薬を処方してもらう人も多いのですが、

・恥ずかしくて治療に踏み出せない!
・家族や知人にバレてしまうのが嫌だ
・薬は高いのでなかなか手が出せない

という理由で通院しない男性も少なくありません。

そこでおすすめなのがシアリスジェネリックの通販購入です。

個人的に海外から取り寄せる必要があるのですが、難しく考える必要はありません。誰でも簡単に購入する方法があります。

ここではシアリスジェネリックの通販(個人輸入)について紹介します。購入手順なども理解しておくと安心です。

シアリスジェネリックはどこで買う?

通販サイトのED治療薬ページ
アマゾン楽天市場などの有名な通販サイトでは、ドラッグストアで売られているレベルの医薬品も取り扱うようになり、多くの注目を集めています。

しかし一般的なサイトではED治療薬を買えません。なぜならEDの薬は「医療用医薬品」に分類されており、購入するには処方箋が必要になるため、ドラッグストアなどでも扱われていないのです。

ただ、病院で治療を受けるとなるとお金もかかりますし、知り合いに目撃される可能性もゼロではありません。

そのような場合に役立つのが海外医薬品の個人輸入です。

バイアグラやレビトラ、そして世界シェアトップのシアリスはもちろん、それぞれのジェネリックを買うことができます。

シアリスジェネリックは1錠300~400円ほどで購入でき、効果が長続きすることで大人気です。個人輸入なら処方箋は不要なので楽に買えます。

通販と個人輸入の違いについて

一般的な通販で取り扱われている商品の在庫は、日本国内にあります。輸入家具などは企業が海外から仕入れた商品を国内で販売しているということで、言ってしまえば転売のようなものです。

しかしシアリスジェネリックを含む海外医薬品の場合、薬機法という法律で転売が禁止されています。つまり業者が仕入れて国内で販売することができません

海外医薬品は個人でのみ購入可能。その際には薬機法で定められた以下の決まりを守る必要があります。

薬の個人輸入のルール
・個人(薬を購入する本人)が服用・使用する場合に限る
・他人への転売や譲渡は禁止
・違法薬物(危険ドラッグなど)の輸入は禁止

個人輸入代行サイトを活用しよう

個人輸入代行サイトの利用
外国製であるシアリスジェネリックを取り寄せるとなると、難しく感じてしまうかもしれません。

現地(インド)在住の知人に送ってもらう
海外の通販サイトを利用する
個人輸入代行サイトを利用する

この3つが主な個人輸入の方法ですが、より確実で簡単なのは③の個人輸入代行サイトでしょう。

代行サイトは購入者に代わって発注や購入、通関などの手続きを行ってくれます。サイト内は日本語表記なので楽に利用できますし、現地に知り合いが居ない方でも安心です。

ネット環境があればどこからでも商品を注文でき、病院を受診する手間が省けます。そして海外医薬品はジェネリックが基本。処方薬よりも安いという点は魅力的です。

最安値よりも安全性を重視すべき

薬の個人輸入代行サイトは世間一般の通販と同じような感覚で利用でき、病院で貰えるような薬と同等のジェネリックを安く買えるため、メリットが多いと言えます。

しかし便利なツールだからこそリスクにも目を向けなければいけません。

薬の個人輸入のリスク
・劣化品や偽物を購入してしまう可能性がある
・用法・用量が外国語で記載されているため解読が困難
・購入から服用に至るまですべて自己責任

代行サイトは薬の販売を行っているわけではないため、予想外の副作用が起きた場合でも補償などはありません。安全性などは購入者本人がしっかり確かめ、納得した上で薬を購入・服用しましょう

良心的な通販サイトなら相談窓口などを設置し、丁寧に対応してくれるので安心です。そしてそういったサイトを利用することで偽物の薬を買うリスクを避けられます。

シアリスジェネリックの購入方法をCHECK

個人輸入代行サイトの利用手順はとても簡単。特別な手続きなどもなく、衣料品などを販売している通販と同じような手順でシアリスジェネリックを購入できます。

商品が手元に届くまでの手順はたった5ステップ。

①サイト内で商品を検索
シアリスと同じ効果を持つ薬は何種類もあります。検索窓に商品名を入力するか、ED治療薬のカテゴリを確認しましょう。

②商品を買い物かご(カート)に入れる
商品の詳細ページで内容量や金額を確認し、「買い物かご(カート)に入れる」をクリックします。買いたい薬が複数点ある場合は引き続き商品の選択をしましょう。

③配送先の情報を入力する
商品の届け先の情報を入力するフォームが表示されるので、氏名や住所、連絡先などを入力します。初めてサイトを利用する場合、情報入力の前に会員登録を求められることがあります。基本的に入会費・年会費はかからず、一度登録すれば次回からスムーズに決済に進めるので便利です。

④決済方法を確認する
個人輸入代行サイトではクレジットカード払いや銀行振込み、またはコンビニ決済などの方法が選べます。
前払いが基本なので代引きなどは利用できません。

⑤最終確認して購入完了!
利用するサイトによっては最終確認メールが送信され、記載してあるURLにアクセスして手続きが完了することもありますが、大まかな手順は上記の通りです。