シアリスは副作用が出にくいってホント?

血圧を下げる効果を持つED治療薬を飲むと、血管が拡がって陰茎への血流量が増え、十分な硬さが得られるようになります

ただしこの作用が頭痛や火照りなどの副作用をもたらすことも・・・。

シアリスは他の薬に比べて副作用が現れにくいと言われていますが、まったくないわけではありません。ここではシアリスを服用することで起こりうる副作用について紹介していきます。

シアリスにはどんな副作用があるの?

シアリスの副作用について
2007年から日本国内で販売され始めたシアリスは、従来のED治療薬にはなかった「副作用の少なさ」に注目が集まりました

陰茎だけではなく身体中の血管が拡張すると、どうしても頭痛などの副作用は現れてしまうものです。しかしシアリスの効き目はゆるやか。そのため身体にかかる負担を最小限に留めることができます

国内で行われた臨床試験において、副作用に関するデータがありました。

シアリスの副作用について
対象者:257名
副作用の症例:70例(全体の27.2%)
内訳)頭痛29例(11.3%)、頬の紅潮13例(5.1%)、火照り9例(3.5%)、消化不良6例(2.3%)参照日本新薬

最も多い症状はやはり頭痛です。拡がった血管が脳の神経を圧迫することで起こります。

効果が減退していくにつれて副作用の症状も落ち着くものですが、不快に感じるようであれば摂取量を減らすなどして対応すると良いでしょう。

最初のうちは錠剤をピルカッターなどで半分に割り、少量から慣れていくことをおすすめします。

頭痛は効果的な対処法があった!

頭痛は痛み止めで抑えられる
頭痛はシアリスだけではなくほとんどのED治療薬に見られる副作用です。

こめかみあたりがキュッと痛み、しかもそれが続くとなると、不快は拭えずセックスにも集中できません。

もしシアリスを服用して頭痛を感じることがあれば、市販の痛み止めを一緒に飲んでみましょう

頭痛薬の成分はEDの薬の働きを邪魔しないため、併用することで効果が半減することもありません。むしろ頭痛が和らげば快適です。

消化不良などを起こしてしまうことは稀ですが、その場合は胃薬との併用が可能。また、不安や緊張が拭えない場合は精神安定剤の服用が有効です。シアリスが100%のパフォーマンスを発揮できるよう工夫してみましょう。

シアリスを飲んではいけない人

シアリスを服用できない人
ED以外の持病があり特定の症状に悩まされている方、そして別の薬を服用しているという方は、シアリスの服用が難しい可能性があります。

病院では医師の判断の下で薬が処方されるのですが、以下の疾患に該当する男性にはシアリスを処方できないケースがほとんどです。
  • 重度の肝疾患(副作用である肝障害が深刻化する恐れあり)
  • 心疾患(薬の作用により大きな負担がかかる恐れあり)
  • 血液の異常(血小板機能障害を起こす恐れあり)
  • 喘息(アスピリン喘息)を発症中、または既往歴がある(症状を誘発する恐れあり)

過去に脳出血や脳梗塞など、血管障害の既往歴がある男性もシアリスの服用は要注意。まずは医師にED治療薬の服用を相談しましょう。

併用禁忌薬を事前にチェックしよう

シアリスには、併用すると重篤な副作用を招く恐れがある「併用禁忌薬」があります。知らないまま飲んでしまうと危険です。事前に把握しておく必要があります。

併用禁忌薬
・硝酸剤
・一酸化窒素供与剤
└ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど

これらは血圧を下げる効果を持ちます。シアリスと一緒に飲んでしまうと急激な血圧の低下を招き、命に関わるトラブルに発展する恐れもあるのです。

主に狭心症などの心臓病などで処方されるものなので、自分が服用している薬が併用禁忌薬に該当しないかをよく確認しておくといいでしょう。よくわからないままシアリスを服用することは避けるべきです。

ジェネリックを飲むなら用法・用量に注意

海外医薬品を購入できる通販では、シアリスのジェネリックも豊富に揃っています。リーズナブルな価格なので手が出しやすいという点は魅力的です。

ただ、病院では医師、または薬剤師などが服用に関する指示・アドバイスをしてくれますが、通販ではそれがありません。自分で正しい飲み方を理解しておくことが重要です。

ジェネリックはシアリスと同じような効果が得られますが、発現する副作用も同等だと考えられます。併用禁忌薬についても同様です。